スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

「糸」12 肩を組み合う

ito23-24.jpg
 遠くからその町の様子をうかがいながら、
「新しいひとや ものを受け入れる器がちいさな私」

「多くのものを持っていなくてもわずかなものの中に
必要でだいじなものがあるということを伝えたい私」
が同時にいるんだと考えていました。


 
 そうしてその場に長い間立ち尽くしていました。
 

 
 やがて、向こうの町のひとが私に気が付きました。
 にこやかな笑顔でこちらを向き、手招きしています。

 私は、吸い寄せられるように近付いていきました。


ツヅキハ、マタアシタ。**ハノコビト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。