スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

静養。

departure-station02.jpg

一週間ばかし、仕事をはなれて、心身をゆったりと休めてきました。


家族や身近な人は、さりげなく気づかってくれ、
ふだんどおりに接してくれました。

いろんなことが起こるたび、
「だいじょうぶ?」と心配で はらはらしたり、
「よかったねぇ」とよろこんだりしてくれる人がいます。
ほんとに、ありがとうございます。

直接、連絡をくれる人、
それから、心配だなぁと思い出してくれている人、
そんなこんな、みんな身にしみて届いていますよ。
そういう人がまわりにいるんだ、と信じられることがうれしいです。


左足がちょっと不便なだけですから、
実家では、みんなのごはんをつくったりして過ごしてました。

わたしは、もっぱら家の中で過ごしてたんですが、
豪雨で、家のすぐ近くで土砂くずれが発生。
消防署の人がやってきて、
「自主避難してください」といわれたりして
いろいろありましたが、みんな無事でした。

ちゅうか、よいタイミングで、帰省していたもんです。
まさに手も足もでない状態で、ミイラ化してたかもしれないですから。


あっという間の一週間でした。

『松葉杖の姿をみたら ナミダが出るかもしれん。と思って、
こないだ食料を届けるとき、みんなと一緒に行かんやったんよ。』と、
帰る間際に、チラッとお母さんが言いました。

家族やまわりの人が、
ウレシイキモチになったり、ホッとしたり、笑顔になったりするってことは、
私自身が、元気で、よろこんでて、笑顔でいるってことなんだなぁ。
もっともっと よろこばしい報告ができるよう、一歩踏み出していこう。

いまさらながら、そんなことを思いつつ、もどってまいりました。
オモッテルヨリ、タクサンノ人ニ、気ニカケテ モラッテイルンダナァ。アリガト。ハノコビト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。