スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

すし酢。

rice-salad01.jpg

実家から、荷物が送られてきました。
その荷物の中に「ゆず一家」というすし酢も、入っていました。
高知県の馬路村でつくられている商品です。

ここの「ゆずの村」というポン酢しょうゆ。
以前から、うちのお母さんのお気に入りです。
かつおだしとゆずの香りが絶妙なんです。やみつきになりますよ。

で、今回は「ゆず一家」です。
ラベルにレシピがついていたので、さっそく、おすしをつくってみました。

 1.まず、ご飯を2合ほど炊きました。
 2.ご飯の量に合わせて計った「ゆず一家」(すし酢)80mlに、
  細かく刻んだ生姜、ちりめんじゃこをひたしました。
 3.炊きたてのご飯を土鍋から取り出し、煎りゴマをまぶし、
  しゃもじで切るように混ぜ合わせて、できあがり。
  うちわも使い、冷ましながらつくりましたよ。

煎りゴマっていっても、うちには黒ゴマしかなかったので、
どうかなぁ、と思いましたが、いい感じにできあがりました。
じゃこと生姜、合いますね。
すし酢が混ぜるだけなので簡単。そして、おいし~い。サイコー!

わたしは、おすしをよくつくります。
酢飯って、なぜか定期的に食べたくなっちゃうんです。
ご飯とすし酢の量が、だいたいわかっていれば、
ひとりぶんからでもつくれますよ。
だいだいやかぼす、ゆずなどの柑橘類をしぼって
すし酢をつくるとおいしいんだなぁ、これが。

こんどは、彩りのよい具材と「ゆず一家」で、つくってみようっと。
ウチニハ 炊飯器ガ ナイノデス。意外ニ 早ク 炊ケルヨ。ハノコビト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。