スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

書の愉しみ展、初日。

calligraphy02.jpg

「書の愉しみ」渡辺白雪の個展(第2回目)が、開催されました。

一昨年に続いて、ふたたび足を運んでくださった方もいらっしゃったみたい。
初日から嬉しいスタートをむかえられたようです。
今回は日帰りとなりましたが、わたしも初日にでかけてきました。

ごあいさつ
この度は植木紙店様のご厚情により、一昨年に続き、第二回目個展をさせて頂くことになりました。幼少の頃より筆には慣れ親しんで参り、昭和39年に大東文化大学の中国文学科に入学しました。
当時の大学は選りすぐりの書道家の教授が勢ぞろいで黄金時代であり、書道を目指す者にとっては憧れの大学でした。その一人でおられます松井如流先生に師事し研鑽してまいりました。
以来ささやかでもずっと書き続けられたことは、両親・家族・又ご縁をいただいた周囲の方々の支援によるものだと思っております。心より感謝し、厚くお礼申し上げます。
ここ2年間に書いたもののほんの一部です。
どうぞ歩をとどめ、眺めていただければ幸いです。

平成21年2月23日   渡辺白雪 毎日展会友 東方書道展役員



わたしたち4姉妹の名前とカラーをイメージした書も展示してあり、
いつのまに!という嬉しいオドロキも。

ありがたいことに、親からだいじにされていますね。
そして、いまだに心配かけまくりです。
こっそりと くよくよしがちな、ふにゃっとした子どものわたしに、
「発動せよ」と、いつも身をもって両親は教えてくれます。

多少、世間に揉まれながらでも できそうなことはやってみよう。
高速バスに乗り込み、そう思いながら日帰りの旅を終えました。

すごいことだよ、親であるということは。

マタ早朝カラ、ガンバルノデスヨ。**ハノコビト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。