スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

一陽来復。

bear02.jpg

一年で最も夜が長い冬至の日。
今日を境に日脚はすこしずつ伸びていきます。
冬至は太陽の力が一番弱まる日で、この日を境に再び力が回復すると考えます。

「一陽来復(いちようらいふく)」は、陰が極まり再び陽にかえるという意味。
冬至を表す言葉でもあり、この日を境に運も上昇するとされています。
また、悪いことが続いても、回復してよい方向にむかうという意味もあるそう。

まだまだ、寒さは厳しくなりますが、
暦のうえでは、冬が去り 春が来ようとしています。

わたしは「気持ちのうえでの さきどりってのは 粋だな」と、
暦をみては、しばしば かんじます。

さて、今年も これから ゆず湯に入ることにします。

ヨク、アッタマロウ!**ハノコビト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。