スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

なぜ、かきたいのか。[04]

position.jpg

ちいさい頃から、コミュニケーションってのは
なかなか込み入っているものだ と感じていたのだとおもいます。

「わたしが思うままに外に出す言葉」と「相手が受け取る言葉」の関係。

わたしは、しぜんと相手の事情や心情をくみとって、
言動を控えめにすることや遠慮するようになっていきました。
ただ ただ、そういうふうなのです。

そのときに つくられていく 相手のすきま、わたしのすきま。
かくことによって補いたい。
これも、しぜんな なりゆきです。
しようがないことを うまく置き換え、楽しい気持ちを呼びこみます。

楽しいこと、ワクワクすることが大好きです。
ひとをおもしろがらせたい、笑わせたい。
ときには、ホロリとさせたい。
コミュニケーションがとれたらいいな、
伝えたいな、つながりたいな、とわたしは思っています。

わたしは ふだんから感覚的に発する言葉が多いようです。
家族や友だち、相棒といった 楽につきあえる人たち以外の
少し範囲をひろげたところで出会う人からは、
「ポエムすぎて 凡人にはちょっとね、わからんところがあるっちゃね。」
なんて いわれることも あります。
客観的にみて、わたしは「よくわからない人」では あります。
まぁ、許容範囲内の変人だと思います。

「相手の立場で ものごとを考える」+「感覚で表現すること」
よい方向に育てていけば、もっと楽しくなって、
いろんなひとに出会って、おもしろいって共感してもらえたり、
参加したり、すこしは伝わるようになるんじゃないかなぁ、と。

自己満足や単なるプライベートな行為から、一歩 進んでみたい。

じゃあ、具体的にどうしていこうか。と ここんところ静かに考えていました。
いま「かくこと」の チャレンジをはじめて、ホヤホヤの状態です。

タマニハ ジブンヲ ホリサゲテミヨウカト…。**ハノコビト

Comment - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。